チケットの買い方 昔の方法と今の方法

海外出張

10数年前まで、海外行きの航空券を買うときは旅行代理店に電話で問合せして、見積をもらって、何社かを比較して、そのなかで最もいい条件の航空券を選んで買っていました。

 

今でもそんな風にやってる会社もまだあるようですね。

昔からの付き合いがあるとか、同じグループ内に旅行代理店があるとかの理由があって、どちらかというとやむをえず続けてるんだとは思いますが。

 

ちなみに上場しているようなサイズの会社では、航空券の購入にネットを使うなという指示を出しているようなことも聞きます。

 

でも、実際のところ、海外航空券を買うのに、旅行代理店に頼むのと、自分でネットで買うのとでは、どちらがいいのでしょうか?

旅行代理店かそれともネットか?

出張の手配

視点をいくつかあげてみましょう考えましょう。

1)どっちがより手配が早いのか?
2)どっちがより自分の好みに合うものが選べるか?
3)どっちがより安い航空券が買えるのか?

 

これらの問いに対する答えはほぼすべてネットを使う方に軍配が上がります。

1)どっちがより手配が早いのか?

 

どっちが早いのか自分でやるのが早いのが言うまでもありませんね。

なんせ自分の机の上のパソコンで早ければ5分ほどでやれるのですから。

 

対して旅行代理店に頼めば、電話のやり取りが数回あるので、早くても1時間はかかるでしょう。

おそらく数時間から1-2日かかるのがふつうです。

 

時間があるのならどっちでもいいでしょうが、急ぐ場合は間違いなく自分でネットでやるのがいいでしょう。

2)どっちがより自分の好みに合うものが選べるか?

どっちがいい?

自分の好みは自分が一番よく知っていますね。

どれほどあなたの好みや都合を詳しく知らせても、代理店の担当者はあなたより深くあなたの好みを知りうるはずがありません。

 

例えば航空会社によって機内食の種類が違いますが、あなたの食べ物の好みまで旅行代理店の担当者は知らないですよね。

これはどうしようもなく自分でネットで探すほうがいいです。

3)どっちがより安い航空券が買えるのか?

 

どっちが安いのかこれは旅行代理店が安いこともあるようです。

特定の航空会社と契約してるとかの優遇条件を旅行代理店が持っていれば、そのほうがネットの格安航空券販売サイトよりも安いこともあるでしょう。

 

そういう旅行代理店を知ってるなら、そこを使うべきですね。

 

でもそういう旅行代理店を知らない場合は、たいていネットで探したほうが、あちこちの旅行代理店を探して回った結果より安い航空券が見つかります。

 

先に挙げた例のようなしがらみが特になければ、社用で海外出張の航空券を購入する場合、ネットで格安航空券を探した方がいい、というのが結論です。

 

会社のアカウントやクレジットカードを使ってネットで発注しろという決まりとかが特にない場合は、自分でささっと予約して、購入して、その代金を会社に請求するという方法が、ふつうの中小企業ならベストではないでしょうか。

 

会社にとってはコスト削減になりますし。

まとめ

 

ネットが安いいろいろ見ましたが、やはりネットで航空券を購入するほうが基本的に早く、好みに合った、安いものが購入できる、ということです。

 

スカイチケットではワンストップで、航空券のみならずホテル、海外Wifiレンタルや海外旅行保険まで全部ひとつのサイト内で予約がきちっと可能です。

 

忙しいあなたにスカイチケットのこの便利さを体験してみることを強くおススメします。

 

スカイチケットを使う

スカイチケットで予約