海外の路上ではスマホもパソコンもネットにつながらない

ホテルではこの時世はほぼどこの国でもネットにつなぐことができます。

 

でも一歩外へ出たら、ローミングというバカ高いサービスに入らない限り、基本的にスマホもタブレットもパソコンもインターネットの機能はまったく使えません

 

それを助けてくれるのが海外でも使えるWifiルーターです。

Wifiルーターを日本でレンタルして持っていけば、海外の路上でもネットにつながって、日本にいるときと同じような利便性が味わえます。

ネットにつながらないと困るスマホの機能・アプリ

ふだん何気なく日本で使ってて、海外で使えないと困るスマホやタブレットの機能・アプリはどんなのがあるか考えてみましょう。

1.地図アプリ
2.SNS(LINE、Facebook、Twitterなど)
3.メール
4.ブラウザー(いろんなことを検索するために使う)
5.辞書アプリ
6.通貨換算アプリ
7.カレンダー付き予定表アプリ
8.天気予報

これらは日本で日ごろ仕事をしてるときに何気なく使ってますが、これらが海外で仕事中に使えなくなると果たしていったいどうなるのか?

かなり途方に暮れます。

 

1.地図アプリ

いま自分がどこにいるのか行き先へはどう行けばいいのか、などを知りたいときに一発で助けてくれる頼もしいアプリがこれ。

 

海外の町ではふつうパートナーがいつも一緒にいてくれることが多いでしょう。

でも街で一人になることもありますね。

道に迷ったときは絶対に必要です。

 

特に方向音痴を自認する人には超必需品ですね。

 

2.SNS(LINE、Facebook、Twitterなど)

日本では時間のあるときに必ずうつらうつら眺めるのがSNSですね。

 

遊びで使ってるだけなら、海外の路上で使う必要はないでしょう。

 

でもLINEやFacebookは電話機能もあるので、ローミングを使って電話できないときは、やはりこれらがないとたいへん困ります。

 

客先の場所がわからずなかなか到着できないときは、タクシーの中からさっと電話をかけてタクシーの運転手さんと客先と電話で話してもらって行き方を教えてもらう、なんてことも必要な場合は多々あります。

 

SNSは海外では特に電話機能がすごく役に立ちます

 

3.メール

 

路上でメールが受け取れるとやはり安心です。

 

客先のオフィスではWifiにつながるかもしれませんが、戸外で打合せしてて、日本の事務所とメールでやり取りができれば、その場で資料も日本から送ってもらえるし、かなり便利です。

 

4.ブラウザー(いろんなことを検索するために使う)

ちょっとしたことを調べるのにはやはりブラウザーの検索機能は必需品ですね。

 

相手の会社を名前から検索して場所や電話番号をチェックしたり、相手の会社の社長の名前や経歴などを急に調べる必要あるときとかにはばっちり助けてくれます。

 

5.辞書アプリ

 

 

わからない単語が打合せの中で出てきたときにはどうしても辞書は必要です。

 

重い辞書を持ち運ぶのはたいへん。やはりネットで機能する辞書アプリはビジネスには絶対必携品です。

 

特に重要な契約書や仕様書をその場で外国語で書く必要がある場合には神様のように助けてくれます。

6.通貨換算アプリ

 

 

買い物をするときに日本円にチャチャッと換算してくれるこれって、やはりあると便利です。

特に数か国を渡り歩いて出張するときは、国ごとに換算レートが違うので、いちいち全部覚えてられず、これが助けてくれます。

 

7.スケジュール管理アプリ

 

自分のスケジュールをこのアプリに入れてる場合、ネットにつないでどこでもチェックできるので助かります。

 

この時世では紙の手帳よりアプリを使う人が増えていますね。

 

これもネットにつながってると判断や動きが早くなります

8.天気予報アプリ

 

 

急に天気が変わる町っていうのはやはりありますね。

戸外でも悪天に臨機応変に備えるため、このアプリはほんと役に立ちます。

 

例えばロンドンやバンコクなんかは雨が多く、天気も変わりやすいので、雲の動きまでわかる雨レーダーでの予測機能がついているアプリとかあればずぶ濡れにならなくてすみます。

 

まとめ

 

これまで見てきた通り、スマホやタブレットやパソコンには海外でもやはり常に動いていてもらいたいですよね。

 

時間の限られた中で次々と判断を下していくためには、インターネットにスマホやパソコンをつなげておくことは非常に重要であり、安心感にもつながり、それが仕事での成果にも反映されることは疑いようもありません。

 

逆から言えば、ネットにつながらないままに海外出張で仕事をしようとする、というのはもう20世紀までのことで、もう許されない時代に入ったと言える、ということです。

 

一日300~400円ほどのコストで日本と同じ利便性が味わえるんですから、海外へWifiルーターをレンタルせずに出張するなんていうのは愚の骨頂です。

 

あと、価格は一日150円くらいからのWifiルーターのレンタルも現れてきました

 

そういう時代に入ったということですね。

スカイチケットを使う

スカイチケットで予約